個人契約での家庭教師!

お子さんの性格や学力を考えると、どうしても塾通いではついていけそうにない、という場合には家庭教師は力強い味方になります。しかし依頼をしたいけれど、広告でよく見かける家庭教師センターは入会金や教材費が結構高くついて二の足を踏んでしまう、という方はよくいらっしゃいます。実際、家庭教師を依頼して指導料の見積もりをしてもらうと、想像していたより高額になるケースは少なくは有りません。そのような場合に役立つのが個人契約の家庭教師です。

英語教材から勉強を
http://www.iq-strategy.com/
勉強を始める人にとっては

個人契約の家庭教師は、教師本人が顧客を募集していますので仲介業者が間に入らないために授業料を安く抑えていることがほとんどです。また、入会金や教材費のような一時金も必要でないことが大半です。ですから、コスト面では家庭教師センターに依頼するより相当オトクになります。こうした個人契約に応じる家庭教師は、専用の登録サイトや個人で解説しているホームページなどから探すか、教育学部が主となっている大学が近くにあればその大学の学生課などに求人依頼を出すことで契約することができます。

ただし、気をつけたいのは授業料の金額から交通費の支払い、なんらかのトラブルなどが発生した場合や教師とお子さんのそりが合わなかったなどの場合には、全て家庭と家庭教師の間で話し合い、解決をしなければならないということです。センターを通している場合にはきちんとした料金が提示され、また苦情対応や顧客都合での教師交代に対応していることがほとんどですから、こうしたリスクを考える必要はありません。

全身脱毛に関わる金額の違いって?
http://xn--v8jva3d3etb1499ahyzbpx9aemza.com/
契約金以外にも通うたびにかかるサロンも

特に気をつけたいのは教師の能力不足です。個人契約の教師は少しでも有利な契約がほしいため、あまり得意ではない科目でも指導できるとか、指導実績を多く見積もるとかの手法で自己アピールを行なっています。ですから希望していた先生を見つけたと思って来てもらったら、残念な結果になってしまうという可能性もあります。センターを通した場合には学力試験や履歴審査が入り、また教師の能力に関する顧客の要望に応じてマッチングをしてくれるので、このような可能性は低く抑えることができます。

個人契約の家庭教師を探す場合には、信頼に足る人物を探せるかどうかが極めて重要です。そうした手間をおしまずにコストを低く抑えたい場合や、最初からあてがある場合には有望な選択肢となりえるでしょう。そうした手間を面倒に感じるとか、探す時間がもったいないと感じられるならば、信頼に足る家庭教師センターを探して依頼するのが無難であるといえます。

↑ PAGE TOP